本当の自分を生きたい人の
心療内科
 

医学博士 笹田信五  

  私の心療内科は、ストレスや悩みの根本的な解決を目的としています。

  子供のニートや、引きこもり、不登校で大変悩んでいる。子供のいじめや、社会的不適応で心配している。

  自分の仕事がうまくいかない。学校の専攻科目が自分にあっていない。職場や家庭の人間関係がつらい。

 自信を喪失している、自己嫌悪にかられる、不安が強い。もっと自由に楽しく生きたい、もっと自分の能力を発揮したいのに抑えられる。

  なんとなく自分を生きれていない、なんとなく充実感がない、なんとなく空しい。このままで人生が終わるのかと思うと悲しい。しかし、自分が何なのか、何をしたいのかが分からない。

 年老いること、病気になること、死ななければならないこと、これらの運命は自分だけではなく家族や友人も含まれるというストレス。

  そして、これらのストレスは、心の健康を害するばかりか、自律神経系や内分泌ホルモン系や免疫系を攪乱し、心身相関を悪化させ、また、ストレス解消のために過食・お酒・タバコが必要となり、生活習慣を乱し、生活習慣病を発症させています。


かぎりなく優しい心身医学というタイトルで、
毎日、フェイスブックに投稿しています。
ここをクリックして、見て下さい。
毎日見ていただくと、自然に学べます。





 
以上のストレスの原因を見ていくと、新型ストレスと呼んでいる現代人の非常に難しいストレスがあります。「社会適応しようとする自分」と、「自分を生きたい自分」との葛藤によるストレスです。

  この葛藤は、延々と続き、従来的な対処法である、「しっかり生きよう、強くなろう、動じない人間になろう。」とすれば、逆に悪化し、徐々に、無気力、無感動に落ちていきます。

  特に、子供たちの場合は深刻です。
「しっかり生きよう、強くなろう、動じない人間になろう。」と言われると、「自分は、理解されていないのだ」という悲しみが来ます。最悪の場合は、最後の段階にまで、追い込まれることもあるでしょう。


私の心療内科は、これらの願いや問題を一時的に症状が緩和する対症療法ではなく、カウンセリングと体得の方法により、根本解決することを目的としています。

  心身医学を基本として、理解の方法としては、現代人の心の分析法 ( 性格分析、新型ストレス、自分分析 )、生かされている医学的事実の理解があります。体得の方法としては、丹田呼吸法、ファースティング(医学的絶食療法)を用います。

 ファースティング(医学的絶食療法)は、五色県民健康村健康道場で、30年以上にわたり、2万6千人に指導してきました。丹田呼吸法は、坐禅の呼吸法を改良したものです。自分や世界については、医学的事実のみを原点として理解していきます。




私の心療内科は、ストレスの根本解決をめざしています。 薬物療法や心療内科の一般的な方法については、多くのすぐれた心療内科の先生方がおられますから、 先生方の治療を受けてください。また、統合失調症や双極性障害など、精神科の薬物療法を必要とする方は 対象とはできませんのでご了解下さい。





  医学博士笹田信五の略歴    自己紹介に代えてー私が健康医学をめざした動機
1948年 生まれる
1974年 神戸大学医学部卒業
1979年 神戸大学医学部大学院(内科)卒業
1981年 ヨーロッパ分子生物学研究所(EMBL)に留学
1982年 新しい健康医学を創造するために、兵庫県健康福祉部に入り、五色県民健康村健康道場長となり本当の自分を生きるための心療内科「生かされてる医学」を完成する
1995年 NHKラジオ「こころの時代」に、「もの満ちて、こころ空し」で出演
2002年 NHK教育テレビ「こころの時代」に、「自分の山を登るー21世紀の健康医学をめざしてー」で出演
専門 心療内科
著書 「絶食療法ー淡路島健康道場の試みー」 (NHK出版)
「自分発見の処方箋」 (河出書房新社)
「健康医学ファースティング」 (人文書院)
「ファイナル・ダイエット」 (朝日ソノラマ)
「新しい心身健康医学」 (JFC)

その他、新聞、雑誌、テレビ、ラジオの取材多数


あなたは累計人目の来場者です。
(本日は人目の来場者です。また昨日は人の来場者がありました)
ページのトップへ戻る